【フルキャスト】バイトや派遣の所得税の仕組みと安くする方法教えます

何で正社員じゃないのに所得税が引かれるの?
バイトなのに所得税が高すぎる。計算間違ってない?

と感じる人は結構いると思います。

所得税が引かれるのは普通で、高い所得税も計算が間違っている訳ではありません。

所得税の計算表や書類を提出しているかで税額が変わってきます。

この記事では所得税の計算方法や所得税を安くする方法について解説していきます。

所得税計算のしくみ

所得税は源泉徴収税額表にもとづいて計算されます。

源泉徴収税額表には月額表と日額表があり計算方法が異なります。

月額表か日額表かは就業ごとに決まっているため、自身で選ぶことはできません。

更に「給与所得者の扶養控除等申告書」を就業先に提出しているかどうかでも計算方法が変わります。

では、月額表と日額表の違いについて見ていきます。

月額表で計算する場合

  1. 月ごとに支払うもの
  2. 半月ごと、10日(旬)ごとに支払うもの
  3. 月の整数倍の期間ごとに支払うもの

国税庁:税額表の種類と使い方

月払いの企業の場合は月額表で計算されます。
即給を導入している企業は全て月払いの為、月額表で計算されます。

もし1日しか就業していなかったとしても給与の支払方法が月払いであれば月額表での計算になります。

月額表には甲と乙があります。

甲と乙の違い
甲:給与所得者の扶養控除等申告書を雇用主の企業に提出している

乙:給与所得者の扶養控除等申告書未提出

甲と乙の所得税の違い

扶養親族がいなければ月の金額が88,000円未満まであれば所得税は0円です。

乙の場合は、扶養親族の有無に関わらず88,000円未満でも所得税は発生します。
88,000円未満であれば約3%で計算され、88,000円以上になると税率がどんどん上がっていき甲との所得税額との差が大きく開きます。

例えば、控除後の給与の金額が20万円の場合扶養親族がいない場合甲は4,770円。乙の場合は20,900円となり甲の約5倍となります。

所得税を安くしたい方は雇用主に給与所得者の扶養控除等申告書を提出しましょう。

甲と乙の所得税額の違い
甲:扶養親族がいない場合、88,000円未満であれば所得税は発生しない

乙:扶養親族の有無に関係無く88,000未満の場合約3%で計算される

日額表で計算する場合

  1. 毎日支払うもの
  2. 週ごとに支払うもの
  3. 日割で支払うもの
  4. 日雇賃金

※日雇賃金とは、日々雇い入れられる人が、労働した日又は時間によって算定され、かつ、労働した日ごとに支払を受ける(その労働した日以外の日において支払われるものも含みます。)給与等をいいます。ただし、1か所の勤務先から継続して2 か月を超えて給与等が支払われた場合には、その2 か月を超える部分の期間について支払われるものは含まれません。

国税庁:税額表の種類と使い方

日額表には甲・乙・丙と3種類の所得税の計算方法があります。

甲・乙・丙の違い

甲:雇用主の企業に給与所得者の扶養控除等申告書を提出している

乙:上記箇条書きの①~③のケースで且つ給与所得者の扶養控除等申告書を未提出

丙:日雇い賃金の場合

単発の仕事=丙ではないので注意しましょう。

甲・乙・丙の所得税の金額の違い

所得税の高い順番は乙>甲>丙の順になります。

日給1万円の場合、丙の所得税は27円、甲は280円(扶養親族無)、乙は1,800円となります。

乙の所得税は甲の6倍の金額が引かれてしまいます。
可能なのであれば就業先に給与所得者の扶養控除等申告書を提出しましょう。

甲・乙・丙の所得税額の違い
甲:扶養親族がいない場合2,900円未満であれば所得税は発生しない

乙:扶養親族の有無に関わらず2,900円未満までは約3%で計算される

丙:扶養親族の有無に関わらず9,300円未満までであれば所得税は発生しない

所得税が多く引かれてしまった場合

給与所得者の扶養控除等申告書の提出をしても過去の給与で引かれた所得税は戻ってこないので、年末調整もしくは確定申告を行う必要があります。

所得税を安くする方法

本文でも書きましたが必ず期日までに給与所得者の扶養控除等申告書を雇用主に提出しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です