【フルキャスト】なぜ即給が反映されないのか!!原因と対処方法を徹底解説

「仕事をしたのに即給が使えない」「即給が突然使えなくなると困る」そんな方の為に即給が反映されない原因と対処方法を記事にしてみました。
※当記事の内容以外の原因で即給が反映されない事もあるのでご了承ください。

トップスポット、ワークアンドスマイル、フルキャストシニアワークス、フルキャストポーターの即給も基本的にはフルキャストと仕組みは同じです。
※フルキャストシニアワークスの雇用形態はスポット派遣というのがありますが、仕組みはフルキャストのレギュラーの派遣と同じです。

注意:当記事の情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性について保証するものでは無いため、必ず自己責任で行ってください。

派遣・請負の即給が反映されない理由

  1. キャストポータルから就業日当日までに即給利用の申し込みをしていない
  2. 就業日当日の20時までに勤務実績報告をしていない
  3. 就業日から3日以内に勤務実績報告をしていない
  4. 即給が反映される時間になっていない
  5. 即給の利用期限が過ぎている
  6. 過去に反映された金額に修正がある
  7. 社会保険に加入をした
  8. 給与でマイナスが発生している

キャストポータルから就業日当日までに即給利用の申し込みをしていない

就業日当日までにキャストポータルの登録情報確認から即給利用申し込みをしないと、勤務実績報告を行っても即給は反映されません。
例えば1月1日から就業開始で1月2日に利用申し込みを行った場合は、1月1日就業分は即給は利用できません。

対処方法
→ありません。諦めましょう。

就業日当日の20時までに勤務実績報告をしていない

当日中に即給を反映させるには20時までにキャストポータルから勤務実績報告をする必要があります。

対処方法
→20時までに勤務実績報告を入力しましょう。

就業日から3日以内に勤務実績報告をしていない

就業日から3日以内に勤務実績報告をしないと即給が反映されません。必ず3日以内に勤務次席報告をするようにしましょう。就業直後や帰宅途中に行うのが望ましいです。

対処方法
→営業担当に相談しましょう。

即給が反映される時間になっていない

勤務実績報告後すぐに即給が反映するわけではありません
16時までに実績報告をすれば当日18時頃、20時までに行えば当日22時頃に反映します。

土日祝日の連休中や年末年始は即給反映のサイクルが変わります。
連休中に勤務実績報告を行っても即給が反映するのは最短で連休最終日の18時頃になります。
※年末年始の場合はコールセンターで確認してください。

毎月16日~18日に就業した分は最短で19日の18時頃にならないと即給が反映されないです。

対処方法
→即給の反映される時間をきちんと把握しましょう。

即給の利用期限が過ぎている

即給には利用期限があり、給与締日後3日後まで利用することができ、期限を過ぎてしまうと利用できなくなります

例:締日15日

1月16日~2月15日就業分は2月18日まで利用可能。2月19日になると2月15日までの就業分は即給が利用できなくなります。

対処方法
→利用期限内に即給を利用しましょう。

過去に反映された金額に修正がある

即給が反映された後、遅刻や早退が発覚し後日営業課もしくは自身で実績時間を修正した場合その差額分の即給が反映されなくなる事があります。

早退や遅刻をしたのに定時で勤務実績報告をしていたり、欠勤しているのに勤務実績報告を行った場合発生します。

対処方法
→派遣コールセンターや営業課で確認しましょう。

社会保険に加入をした

社会保険加入決定直後の数日間は即給が反映されなくなる事があります

社会保険加入日が1月1日となっていたとしても加入の処理をするのは後日になります。その為、加入処理が行われるまでは即給からは社会保険料相当額は引かれません。
社保料が控除されていない即給を全て受け取ってしまうと給与で社保料が引ききれずにマイナスが出てしまいます。
給与のマイナスを防ぐ為に、加入処理後、処理が行われるまで社保料相当額が引けなかった分をまとめて引きます。その金額を即給が上回るまでは即給が反映されません。

例:社会保険加入日:1月1日 加入処理日:2月5日

社会保険料は通常加入月の翌月給与から控除されます。今回のケースだと2月末給与に控除されます。2月末給与対象期間は15日締なので1月16日~2月15日です。1月16日~2月4日までは加入処理がされていないので即給からは社会保険相当額はまだ引かれていません。2月5日に加入処理が完了したのでそれ以降就業分は日々即給から社保相当額が引かれた額が反映しますが、1月16日~2月4日までの就業分は社保相当額が引けていないので2月5日からこの分をまとめて引きます。その為数日間即給が使えなくなります。

対処方法
→社会保険の加入要件を満たした方は前もって即給が使えなくなる事を前提にお金の管理をしましょう。

給与でマイナスが発生している

給与でマイナスが発生すると給与マイナス額と同じ金額だけ即給が使えなくなります。

次の給料日で相殺できるようにする為、即給が使えないように制限がされる為です。

制限がかかると当月末頃と翌月16日以降就業分に対し制限がかかり即給が使えなくなります。

翌月16日以降就業分の制限された分は月末給与でマイナスがでなければ月末頃即給サイトに金額が反映され、利用できるようになります。

なぜ2回も制限がかかるかというと、相殺されるのが月末の給料日だからです

例:1月末給与で2万円のマイナス。1日当たりの即給額が5千円の場合。

1月末頃即給に2万円の制限が入る。1日当たりの即給額は5千円なので4日間は即給が使えない。5日目からは通常通り即給が反映する。

2月16日に即給に2万円の制限が入る。1日当たりの即給額は5千円なので4日間は即給が使えない。5日目からは通常通り即給が反映する。
2月末給与でマイナスがでなければ2末頃に2月16日就業分の2万円が即給サイトに金額が反映し利用できるようになる。

対処方法
→給与でマイナスがでないように気を付けましょう。もしマイナスが出た場合は派遣コールセンターで状況確認しましょう。

紹介の即給が反映されない理由

  1. キャストポータルから就業日当日までに即給利用の申し込みをしていない
  2. キャストポータルの過去就業履歴がタイムシート実績確認中になっている
  3. 即給が反映される時間になっていない
  4. 即給の利用期限が過ぎている

キャストポータルから就業日当日までに即給利用の申し込みをしていない

就業日当日までにキャストポータルの即給申し込み(もしくは紹介先即給申し込み)から利用申請をしていないと即給が反映されません。

対処方法
→紹介コールセンターに連絡しましょう

キャストポータルの過去就業履歴がタイムシート実績確認中になっている

タイムシートが企業から届いていないか、届いたタイムシートが読みづらい等の不備・確認事項があり即給反映処理が遅れています。

対処方法
タイムシートに時間を記入するときは、できるだけ丁寧に記入しましょう
しばらくたっても即給反映がされない場合は紹介コールセンターに連絡し確認してください。

即給が反映される時間になっていない

タイムシート処理後すぐに即給が反映するわけではありません
最短でも就業日翌日の21時以降にならないと即給サイトに金額が反映されません。

土日祝日の連休中や年末年始は即給反映のサイクルが変わります。
連休中に勤務実績報告を行っても即給が反映するのは最短で連休最終日の18時頃になります。
※年末年始の反映サイクルはコールセンターで確認してください。

給与締日直後の3日間就業分は最短でも締日から4日後の21時以降にならないと即給は反映しません。

例:締日が月末締の場合、2月1日~2月3日に就業した分は2月4日になるまでは即給が反映されません。

対処方法
→時間になるまで待ちましょう。

即給の利用期限が過ぎている

即給には利用期限があり、給与締日後3日後まで利用することができ、期限を過ぎてしまうと利用できなくなります

例:締日15日

1月16日~2月15日就業分は2月18日まで利用可能。2月19日になると2月15日までの就業分は即給が利用できなくなります。

対処方法
→利用期限内に即給を利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です