フルキャストの『即給サービス』とは!?反映の仕組みや手数料を解説

フルキャストでの就業を希望している方は、即給があるからという理由の人が少なくないかと思います。
ただ少し面倒なしくみになっており、「即給利用可」となっていても自分自身で手続きをしないと受け取ることができないようになっています。
手続き方法を営業課に聞いても分からないと言われたり、即給コールセンターに電話しても繋がらず困っている方はこの記事を参考にしてみてください。

即給は雇用形態によって反映の仕組みが異なります。
フルキャストで扱っている仕事の雇用形態には派遣・請負・紹介の3種類があり、応募した仕事がどの雇用形態なのかは、キャストポータルで仕事の詳細を見れば記載されているのでまずは自分の仕事がどの雇用形態か確認しましょう。

トップスポット、ワークアンドスマイル、フルキャストシニアワークス、フルキャストポーターの即給も基本的にはフルキャストと仕組みは同じです
※フルキャストシニアワークスの雇用形態はスポット派遣というのがありますが、仕組みはフルキャストのレギュラーの派遣と同じです。
※フルキャストアドバンスの即給については当記事の内容とは仕組みが異なりますのでご注意ください

即給とは!?

即給とは給料日よりも前に給料の一部を受け取る事ができる前払いのサービスです。
勘違いする方が多いのですが、即給=給料ではありません。一言で表すなら給料の前借りのようなものです。
※給料ではないので必ず受け取れるという保証はありません。

即給はいつ銀行に振り込まれるのか!?日払い・即日払いとの違い

掲示板等を見ると即給を日払い・即日払いと一緒だと勘違いしている方が多いので違いについての説明と即給がいつ銀行に振り込み可能かの説明をします。

日払い
給与の締日が1日ごとの支払い方法。その為、就業した日が給料日とは限らないです。

即日払い
就業したその日に給料が受け取れる支払い方法。

即給
いつ受け取れるかは雇用形態によって異なり、派遣・請負は就業日から最短で翌銀行営業日、紹介は就業日から最短で翌々銀行営業日での振り込みとなります。
※銀行営業日とは銀行が営業している日。土日祝は振り込まれません。

あくまでも最短での流れなので必ず翌銀行営業日や翌々銀行営業日に振り込まれる事が保証されている訳ではないので注意してください。最悪即給が使えない可能性もあります

なぜなら即給は日払いや即日払いと違い給料ではないからです。

また自分自身で手続きをしないと銀行に振り込みされません

即給として使える金額

即給は就業した分を全て受け取る事はできません

即給反映額は1000円単位で申請することができます。
即給で受け取れなかった分は月払いの給料日に振り込まれます。

雇用形態によって即給反映額の計算式が異なります。

派遣・請負の場合
即給反映額の計算式:所定の契約時間×時給+交通費ー税金相当額ー社会保険料相当額ー雇用保険料相当額ー即給振込手数料相当額=即給反映額
※社会保険料や雇用保険料は加入している人のみ控除されます。
※所定の契約時間が22時~5時が就業時間に含まれていれば深夜手当も付与されます。
※交通費が支給される現場であれば交通費も即給で受け取れます。
※有給・休業手当も即給として通常は受け取ることができます。

紹介の場合
即給反映額の計算式:所定の契約時間×時給ー税金相当額ー社会保険料相当額ー雇用保険料相当額ー即給振込手数料相当額=即給反映額
※社会保険料や雇用保険料は加入している人のみ控除されます。
※所定の契約時間が22時~5時が就業時間に含まれていれば深夜手当も付与されます。
※交通費が支給される現場であっても交通費は即給として受け取ることはできません。

即給の利用期間について

即給はいつまでも使えるという訳ではなく利用期限があります。

利用できる期間は給与締日の3日後までです
利用期限を過ぎてしまった場合は即給は使えなくなり、月払いの給料日まで待つ流れになります。

例:15日締当月末払いの企業であれば、1月16日~2月15日まで就業した分は1月19日~2月18日の期間利用することができます。1月16日~2月15日就業分は2月19日になると利用不可になり2月末の給料日に振り込まれます。
1月16日~1月18日の期間就業した分は最短でも1月19日夜まで即給は反映しないです。

派遣(レギュラーワーク)と請負の即給反映から銀行振り込みまでの流れ

通常は①~③の流れで即給を銀行に振り込むことができます。

  1. 就業開始日までに、キャストポータルログイン後、メニューの「登録情報確認」の中の「即給 派遣・請負」から申請。
  2. 就業後にキャストポータルから勤務実績報告の入力を行う。
  3. 即給サイトに金額が反映したらログインし前払い申請をする。

即給仮登録メールの配信時間帯

キャストポータルの「登録情報確認」から16時までに申請できれば当日18時頃に即給サイトにログインするための情報が記載されたメールが配信されます。※土日祝のような連休の場合は連休最終日の18時頃にメールが届く。

即給サイトに金額が反映する時間帯

即給サイトに金額が反映する通常のタイミングは、16時までに勤務実績報告を行うと当日18時頃、20時までに行うと当日22時頃に即給が反映します。※土日祝のような連休の場合は連休最終日に反映します。

就業日から3日以内に勤務実績報告をしないと即給が反映しないので注意しましょう。もし、3日以内に勤務実績報告ができなかった場合は、担当の営業課に相談してみましょう。

紹介の即給反映から銀行振り込みまでの流れ

通常は①~②の流れで即給を銀行に振り込むことができます。

  1. 就業開始日までに、キャストポータルログイン後、メニューの「即給申し込み」から会社名を検索し申請。
  2. 即給サイトに金額が反映したらログインし前払い申請をする。

即給仮登録メールの配信時間帯

キャストポータルの「即給申し込み」から申請をした当日もしくは翌日の21時以降に、即給サイトにログインするための情報が記載されたメールが配信されます。※土日祝のような連休の場合は連休最終日の21時以降にメールが配信されます。

即給サイトに金額が反映する時間帯

即給サイトに金額が反映するタイミングは最短で就業日翌日の21時以降に反映します。※土日祝のような連休の場合は連休最終日21時以降に反映します。

即給の振り込み手数料について

即給を受け取るには1回毎に振り込み手数料がかかります。もし数日就業分を1度にまとめて申請すれば1回分の手数料負担なのでお得です。

数日就業分をまとめて申請するには、同じ企業IDで且つ即給利用期限内である必要があります。

※下記の振込手数料の金額は2018年8月10日現在の金額です。今後変更になる可能性があります。最新の情報はキャストポータルで確認をしてください。

派遣(レギュラーワーク)・請負の振込手数料

  • 三井住友銀行:110円
  • 三井住友銀行以外の金融機関(1回当たりの申請額が3万円未満):297円
  • 三井住友銀行以外の金融機関(1回当たりの申請額が3万円以上):330円

紹介の振込手数料

  • 三井住友銀行:55円
  • 三井住友銀行以外の金融機関:275円

まとめ:1分で分かる即給仕組み

ここまでの即給利用の流れを簡単にまとめます。

  • 雇用形態(派遣・請負・紹介)によって仕組みが異なる
  • 即給は必ず受け取れるとは限らない
  • 利用するには就業日までにキャストポータルから利用申請が必要
  • 利用期限がある
  • 1回利用するごとに振り込み手数料が発生する。

簡単にまとめるとこんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です